みんなで守るをあたりまえに

2021年中の香川県内の交通事故死者数は37人。
人口10万人当たりの死者数でみると3.89人で、全国ワースト3位と厳しい状況が続いています。
四輪乗車中に亡くなった方は10人。
うち、6人がシートベルトを着用しておらず、
このうち4人はシートベルトを着用していれば助かったとされています。
車両との衝突により亡くなった横断中の歩行者は7人。そのうち5人は横断歩道を渡っていませんでした。
また、信号機のない横断歩道を歩行者が横断しようとしている時、
車の一時停止率は25.2%と全国平均30.6%を下回っています。
さらに、自転車乗車時における道路脇の用水路等への転落事故で3人の方がなくなっています。

大切な命と交通ルール みんなで守るをあたりまえに

MESSAGE VIDEOメッセージ動画

〜 2022年香川県交通安全メッセンジャー
COWCOWからのメッセージ 〜

シートベルト
全席着用あたりまえ!

・後部座席も着用を。
・6歳未満の幼児にはチャイルドシートを正しく使用!
・シートベルト非着用ドライバーの死亡率は着用時の約60倍!
昨年、県内で発生した自動車事故の死者10人のうち、シートベルト非着用者は6人。着用していれば4人は助かっていたとされています。
大切な命を守るため、自動車に乗るときは、シートベルト全席着用をあたりまえに。

横断歩道
歩行者絶対優先あたりまえ!

・歩行者がいたらドライバーは一時停止。
・歩行者は横断歩道を必ず渡る。
信号機のない横断歩道を歩行者が渡る時、県内の車の一時停止率は25.2%と全国平均30.6%を下回っています(R3年JAF調査)。
ドライバーは横断歩道の手前では減速し、歩行者がいる場合は一時停止!歩行者は遠回りでも横断歩道を渡ること。
大切な命を守るため、ドライバーも歩行者も、横断歩道のルールを守ることをあたりまえに。

用水路転落防止!慣れた道でも
油断しないのあたりまえ!

用水路での転落事故に注意しよう!
・夜間はライトを早めに点灯。
・重い荷物はかごに乗せない。
・用水路から安全な距離をとって走行。
昨年の県内交通事故死者37人のうち、3人が自転車乗車時における用水路等への転落事故によるものでした。
慣れた道でも、早めのライト点灯、無理な荷物の積載をやめる、用水路からは距離を置くなど、細心の注意をはらってください。
大切な命を守るため、自転車やバイクに乗車するときは、慣れた道でも油断しないをあたりまえに。